太田 仁子(おおた ひとこ) 先生の日記


<< 2019年 03月  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去の日記
2019年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月
2018年
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

最近のコメント
コメントはありません。
異変を伝える力
2018-06-19 22:41:38
地震の起こった日はたまたま仕事場がお休みでした。しかし、何かあったときのために私の携帯電話番号を伝えていた、業者の方から電話が入りました。その内容は名前の確認をしたいとのこと。時々ある内容ではあるけれど、わざわざ休みである日に確認の電話をもらうのは調べようがないし、それが出来ないことはわかっているはず。なんとなく変な感じで、私は明日仕事場にいったときにすぐ確認し電話しますと伝えると、それで構わないとのこと。続いて業者のかたは、「仕事場にお電話いれたら故障中とアナウンスが流れました。ちょっと気になって〜。」と。驚いてもう一人のスタッフにも伝え仕事場に急行。バソコンも電話も使えず。よく見ると地震のゆれで?か、接続部からラインが抜けていました。もし、業者の方から電話がなければ次の日の仕事に全て影響が出ていたことは間違いなし。本日いつもの業者の方に会え、お陰さまであったことのお礼をお伝えしました。いつもと違ったから〜。と。異変を伝える勇気の素晴らしさと人間関係が保てて良かったと思えた日でした。